| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時差ぼけ対策に役立つアロマ

無事に到着しましたー。 二年ぶりのヨーロッパ。
なんだか懐かしいような、帰ってきた感じです。 
あいにくの小雨、気温は16℃とかなりひんやりですが、
今20時なのに、まだ明るいです^^ 今の季節、ヨーロッパは日が長いんです。

ホテルに到着して、近くにあるスーパーに行って、とりあえずの食料と飲み物をゲット。
(海外のスーパーってたのしい♪)

そして。。。 現地時間の22時くらいにアロマバスに入るのが私の時差ぼけ対策。

herb steam

まずはすりおろしてあるラベンダーヒースを入れたお湯で
顔のハーブスチーム。 これでくすみを一気に解消。
水溶性のハーブの成分を浸透させたお湯ができるので、そのままお風呂に入れます。

aromabath.jpg

ここで早く寝てしまうと、時差ぼけLet’sスタート!になってしまうので、
眠いのを我慢して現地時間に合わせるんです。 あ~眠いです。
アロマバスの後、たっぷりマッサージをして睡眠というスタイル。

シャンプーリンスはいつも使うオーガニックのもの。
石鹸はサロンで使うオーガニックのラベンダーソープ。 好きな香りに囲まれるって幸せ。

バスソルトは重いので、近くの現地スーパーで調達したフランス産岩塩約50gに
ベティバー(学名Vetiveria zizanoides)4滴と
ジュニパー(学名Juniperus communis)6滴を混ぜてお風呂へ入れました。

ベティバーは私の卒業論文で取り上げた思い入れのあるオイル。

土の香りのするベティバーの香りを嗅ぐと
体も地上に着いたと自覚するようで、時差ぼけにはおすすめ。
これからの現地時間に体を合わせるには重宝するオイル。
ベティバーはイネ科の植物の〝根〟から採れたオイルなのですが、
ベティバーの背丈は1~2m近くにも関わらず、
その根は地下1.5mにまで張り、見た目以上に根が深いのが特徴の植物です。
面白いのが、ベティバーはそんな植物の見た目通り、どしーんと地に根をはるような
安定した心の落ち着きをもたらしてくれます。

そんなベティバーにプラスしたジュニパーはDETOX効果が高く、
むくみを軽減させてくれます。
この二つは疲れたロングフライトの後にもってこいの2本。

dinner.jpg

現地調達した小麦麦芽のクラッカーにチーズとハムを乗せてお手軽ディナー。
(いや、おつまみか?!笑 ヘルシーだしいっか~)
今日は到着日だから、ワインはご褒美。 今日だけ・・・。 今日だけ・・・。

aromaticlifeeu.jpg

アロマテラコッタラベンダーヒノキを垂らして、
今ちょうどお部屋がやさしく香り始めたところです・・・

では、ゆっくりながーい眠りにつきます。 おやすみなさーい。
スポンサーサイト

| 旅行にアロマのお話 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行に持っていくアロマ&ハーブ

いよいよ明後日出発です。
荷物にはもちろん、ホテルで香りを楽しむためにアロマテラコッタも、
アロマオイルも持っていきます。

DSCF6069.jpg

テラコッタにいつもより多めに10滴ほどオイルを垂らし、
5分ほど乾燥させたら、オーガニックコットンのクロスで包み、
パジャマ&下着入れに入れておきました。

到着したら、ふんわり香りがついたパジャマで眠ろうという作戦です。
(作戦というほどのものではないですが 笑)

そして自分用のハーブのパックにスクラブも。

いつもオーダーしてくれる従姉妹の分も3ヶ月分作って、ハーブの大量消費です! 
(いつもオーダーありがとう!)
ハーブのサラダみたい

herb.jpg

通常1年ほどがハーブの消費期限と言われていますが、
Jubileeではより香り高く、新鮮なものを楽しんで頂くため、
半年を消費期限と独自で設定しています。
こんな短い期限、経費がかかりすぎて、大きなサロンではできないこと。
こういうところが自宅サロンだからこそ、提供できるところだと思います。

≫ Read More

| 旅行にアロマのお話 | 11:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行に便利なアロマオイル.2

さて、昨日に引き続き旅行に便利なアロマオイル第2弾です
旅行に便利なアロマオイル①の記事は→こちら←をクリック

私が旅行に持っていく3本目はサンダルウッド(学名Santalum album)のアロマオイル
元々インド発祥のアーユルヴェーダのセラピーなどでよく使われるオイルの一つ。
寺院などで祈りをささげる時に炊かれたり、瞑想の時に使われる
心身をどしーんと地に足をつけるようにリラックスさせてくれます
俗に粘性が強いといって、どろっとしたオイルなので、
他のオイルと混ぜることで、香りがゆっくり気化するので
香りが長く楽しめます。

例えば昨日紹介したオレンジなど香りがすぐ消えてしまうものに混ぜてみると
違いが分かるはずです。

Sandalwood.jpg

そして頭痛、乗り物酔いや二日酔いなど吐き気がしてしまう時に活躍するのは
ペパーミント(学名 menthe piperita)のアロマオイル。
ジンジャーでもいいのですが、
私はペパーミントの方がすぅっとして好きです
これはティッシュやハンカチに1滴垂らして嗅いでみてください。
鼻がむずむずする時にもおすすめです。
※目に近付けると目が痛くなることもあるので、
くれぐれも量は少なめで。

800px-Peppermint20020515.jpg

あとはホホバオイルを持っていき、
アロマオイルを薄めるのに使ったり、
顔のマッサージに使ったり

ホホバオイルの使い方も次の記事で紹介してみたいと思います。
ラベンダー・オレンジ・サンダルウッドは
リラックスのために気分に合わせて使い
ペパーミントは頭痛や吐き気・乗り物酔いなどの体調が崩れた時に。

travelaroma.jpg

アロマオイルって小さなものですし、
キャップをよーくしめて、ジップロックに入れて
いつもスーツケースに入れています。

旅行では置き去りにされていたアロマオイルも
こんな使い方で是非活用してみてくださいね~

| 旅行にアロマのお話 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行に便利なアロマオイル.1

今回のような帰省や旅行に行くときに
私が必ず持っていくアロマオイルが数種類あります。

アロマオイルって種類が多すぎて、
何を買えばいいのかな・・・
そんな人にとっても
こういう風に選んで買えばいいのかぁ!と
参考になれば嬉しいです

まずはラベンダー(学名Lavandula angustifolia)のアロマオイル。
これはリラックス・安眠はもちろん、筋肉の凝りや疲れにもいいのです。
なので、移動で疲れた時はお風呂に5滴ほど垂らして入ったり、
お湯を張った桶に2滴垂らして、そこにタオルをつけて、
凝っている肩や腰に湿布のようにのせてみたり、
ティッシュに1-2滴垂らして枕元において寝たりして
毎回大活躍します。

Jubileeで使用するのは
ラベンダー・ハイアルティチュード(学名Lavandula angustifolia)
というフランス産の高度の高い地域で蒸留された、
より香り高く上質な物を使用しています

CIMG1857.jpg

そして次はスィートオレンジ(学名Citrus sinensis)のアロマオイル。
オレンジの香りが苦手!そんな人は日本人では少ないはず。
誰もがリラックスできる香りの一つかもしれません
ヨーロッパではクラリセージが人気、など国によって香りの好みって違うんです。
ただ合成して作られたオレンジの香りは実は私も苦手。
でも良質な100%自然なものから作られたものは
本当にもぎたてのみずみずしいオレンジそのものの香りがするんですよ。
本当?!!そう思われる方は是非Jubileeまで嗅ぎにいらしてください~
香りはすぐ消えてしまいますが、
旅先ではお湯を張ったマグカップに5滴ほど垂らして
部屋に置いておけば気軽にアロマを楽しめます。

0002018028A-1920x1440.jpg

あともう2種類、私が旅行で持っていくアロマオイルを
次回の記事で引き続きご紹介します~

| 旅行にアロマのお話 | 14:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |