| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東洋医学とアロマセラピー.2

昨日の記事に引き続き。 

古代中国の自然哲学思想「陰陽五行説」という考え方に基づき、
なんとなくだるい、などという「未病」(=病気になる前の前兆)を防ぐために
体調を改善していくのが東洋医学ならではです。

不調を感じる症状に着目するだけでなく、全体のバランスを見て、
植物の持つ力を使って、自分自身の持つ自然治癒力で改善していく、
それが東洋医学を取り入れたアロマセラピーなのです。

他のサイトと異なり、
頭痛にはこのオイル! 不眠にはこのオイル!と断定してブログを書けない、
いつも「体調によってブレンドは異なります」と注釈を入れる、
そしてトリートメント前に、体質・体調・生活習慣を伺うコンサルテーションが
とても重要で一人一人に合わせたオイルでトリートメントをする、
その背景には症状だけに着目してオイルを選ぶのではない、
お一人お一人に合わせる必要があるからなのです。。

「陰陽五行説」は万物にが存在するという考えで、
(陰と陽の説明は長くなるので、またいつか・・・!)
人はもちろん、それぞれの植物、アロマオイルにもの働きがあるのです。
例えば考え事をしすぎて眠れない不眠は心のの働きが過剰と考え、
それを冷却してくれるのアロマオイルを使います。

まさにバランスを整える、というセラピーです。

予防医学の考え方は本当に大きく私自身影響し、
「ちょっと気付いたときにアロマを使う。」
そんな生活をしているうちに私も夫も風邪をひかなくなったり、
生理痛がなくなったり、片頭痛が治ったり。

きっと日本でも昔の人たちが風邪のひき始めに・・・なんてしていたことが、
今の時代、忙しくて忘れかけてしまっているのかもしれません。
アロマで未病を予防! それがJubileeの目指すところです。
スポンサーサイト

| 東洋医学とアロマセラピー | 14:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東洋医学とアロマセラピー.1

実はこれが私の専門分野。
東洋医学ってなぁに? そこからの説明を考えるとなかなか書き出せなかったのですが、
そろそろベーシックなアロマの知識も沢山ブログにたまってきたので、
出発前に解禁してみました。

私の卒業したロンドンのアロマの学校ITHMAは
東洋医学を取り入れたアロマセラピーで有名な学校で、
恩師のガブリエル・モージョイ氏はその第一人者。
時々日本で講演したり、世界中で活躍されています。
ロンドンでは私の知る限り、そこでしか学べません。

もちろんお医者様のようなエキスパートではありませんが、
東洋医学の考え方、予防医学の考え方を取り入れて、本来漢方薬であるところを
アロマオイルの古くからヨーロッパで伝統医療として役立っていた
薬効を期待して改善していくことを目的としています。

西洋医学(日本の一般的な医療)は、
身体に表れた症状からアプローチしていくのに対し、
東洋医学(漢方やユナニ・アーユルベーダなど)というのは
全身の状態を総合的にみて、ゆっくりと体に働きかけ、副作用が少ないのが特徴。
どちらがいい、というのではなく、両方に両方の良さがあるのです。

なので、他のアロマの学校と全く違うのが不眠=このオイルという考え方をせず、
どうして不眠になのか?その原因まで踏まえてアロマオイルを選んでいったり、
頭痛でもどの部分が痛いのか、それによって選ぶアロマオイルも変わります。

ITHMAに行きたい!とメールを下さる方も多いので、
東洋医学を取り入れるアロマセラピーはITHMAの大きな特色なので、
ようやく紹介してみました。

語弊がないように、何かを「診断・治療」するのでなく、
症状を改善するための自然治癒力を引き出すセラピーですので、誤解なく。

明日は東洋医学とアロマセラピー2に続きます。

| 東洋医学とアロマセラピー | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |