PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヨーロッパの伝統療法

今日は午後からJubileeのフェイシャルで使用している
メアミルクシリーズをお取り引きさせていただいている
(株)インソーレの社長様がJubileeまで来てくださいました。
そうです、以前記事にさせて頂いた馬乳のスキンケアの会社です
→「メアミルク」馬のお乳からできるスキンケア
フェイシャルで使用するスキンケア

ドイツ語が堪能な才色兼備な社長様で、
ドイツ語圏でのハーブやアロマセラピーと私の学んだイギリスでのアロマの話など、
玄人なお話が沢山できてすごく楽しく、また勉強になりました。

ヨーロッパって本当に保守的な国だと思いませんか?
古くから伝わるものを大事に大事に活用し続ける。
どんどん便利なものに移り変わる日本とは少し考え方が違うと思います。
もちろん、どちらも一長一短、何がいいかは人それぞれです。
アロマやハーブは薬のようにある特定の成分だけを使うものではないので、
人によって効いたり、効かなかったりすることもあります。
でも、たった1%の鎮痛作用のある成分にも関わらず、
ある人にとってはものすごい痛み止めになることも
そう、それが面白いのです。
だから自分にとって相性のいい、自分に効くアロマやハーブを見つける、
ブレンドする、そんなオーダーメイドのセラピーであることが
「この症状にはこれ」という薬との大きな違いです。

アロマやハーブの氾濫し始めた今だからこそ、
いいものを、正しい知識を持ったセラピスト、メーカーから、
そんなコンセプトが共通点で、
古くからヨーロッパで大切に活用されてきたセラピーを日本で紹介していく
そんな気の長くなるような道を一緒に歩ませていただこうと思っています。

明日は今月Jubileeでお客様にお出ししている
健康と美容におススメ、美味しいゆず茶のレシピを紹介しま~す!

久々の更新にも関わらず、ランキング上位で↓びっくりです
クリックありがとうございます 明日も見にいらしてくださいね
関連記事

| アロマなお話 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/106-aa42e2f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT