PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一通のお手紙

時差ぼけして夜中に目が覚めたので、
休職していた間に溜まったメールボックスの中身を確認していました。
あぁ、こんなにも休んだのか、と思いながら、
4月、3月、2月…と社内紙やスケジュールを整理していたのですが、
10月のスケジュールに紛れて1枚のレターが。



なんと休職前、最後のフライトのお客様からの
心のこもった感謝状だったのです…涙。

この時すでに手術日も決まっていて、
それでもセカンドオピニオンの先生を探すために書物を読み漁り、
もう、気もそぞろ…とてもこれ以上フライトできる状態じゃないと感じ、
このフライトを期に休職しました。
同僚にも、このフライトのお客様には申し訳なかった、
いいサービスどころか、お客様と目を合わせたかさえ覚えていない、
そう話していましたし、そう思っていました。

そんな便のフランス人のお客様からのお手紙だったのです。
「フレンドリーでパーソナルなサービスをありがとう。
過去にこんな経験をしたことがないくらい、感動した。
素晴らしかった。」
と手書きで会社に送って下さっていたのです。

普段は記憶力がいい方で、怖がられる位何でもよく覚えているのですが、
実はこの時期のことはあまり思い出せないのです。
でもこの頂いた一通のお手紙は、
これから一生心に残るくらい感動しました。

空の上ではほとんどの出会いが一期一会。
でも、その一瞬一瞬がこうして誰かの心に響き、
それが私自身の心にまで響く。
言葉で言い表せない仕事のやりがいを噛み締めています。

制服を着れば、 Show must go on.
そこはお客様を楽しませるためのステージ。
またそんな世界に戻れたことを、
今日は心の底から嬉しく思います。


ランキングに参加しています。読んだしるしにクリックをお願いします。
クリックありがとうございます!
 

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

関連記事

| フライトのお話 | 11:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/06/23 19:46 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/1071-3a64e43e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT