PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボツワナとルワンダ

無事に訓練が終わり、ほっとしたのもつかの間、
疲れたのか、フライトが終わってからは
3日位眠り続けてました。
久々の時差ぼけ、慣れない~~…汗。。



でもフライトは楽しくて、
帰りはルワンダに住んでる方やボツワナに住む方とお話をして、
アフリカの歴史をあまりに自分が知らなくて恥ずかしく、
amazonで色々本を買って、読書タイムしてます。

沢山いろんなところに行って、
街を歩き、人と繋がり、物を見てきましたが、
これからはもう少し掘り下げて歴史を学んでいこうと思うのです。

今読んでるのはこれ。
ルワンダのフツ族とツチ族の間に起こった大虐殺の実話。
今もこの傷跡を抱えて生きる人たちがいて、
この場に住む日本人の方もいる。





そしてアフリカの中で最も安全な国の一つといわれるボツワナ。
そこに残る自然と野生動物たちの織り成す暮らし。



アフリカにはフライトで何度も行っていますが、
そこは美しく壮大で雄大な景色が広がる別世界。
ただ国によって民族の歴史や築き上げてきた物は全く違い、
アフリカと一括りにするには広過ぎる。
ヨーロッパ便にはアフリカに乗り継ぐお客様も沢山いらっしゃるのですが、
いつも、えっと、その国どこだっけ…と乏しい頭の地球儀で場所確認してしまう私。
今度アフリカに住むお客様とお会いした時は、
もっと深い話ができるようになればいいなと思うのです。
まずはご縁のあったルワンダとボツワナから。


ランキングに参加しています。読んだしるしにクリックをお願いします。
クリックありがとうございます!
 

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html
関連記事

| フライトのお話 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/1078-5213d8d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT