PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

A light in the cabin

今日は抜打ちのアセスメントの日でした。
パーサーと呼ばれる機内の客室責任者に
100項目近いチェックリストに、
小論文並みのフィードバックをもらうのですが、
そこに書かれていた言葉。

You are a light in the cabin.
(あなたは機内を照らす光のような存在です。)


(北極圏近くの流氷。シロクマいるかな~~といつも気になる、笑。)

この言葉を読んで思わず涙してしまいました。
身に余る言葉とはこのことで、
去年の今頃、
病気で休職していた頃を思い出しました。
空を見上げてはまた飛べる日を夢見て、
もう飛べないんじゃないかと何度も諦めながらも
励ましてもらいながら復職できて…。

この言葉のために、
また空に戻してもらえたのかもしれません。
休職前を遥かに上回る成績で、
ただただ嬉しさと感激で胸がいっぱいです。

まだ数ヶ月に一度、検査の経過観察中ですが、
病気の間、本当に空を飛びたくて仕方なかった。
空の仕事をできる健康状態の制限は厳しく、
なかなかドクターの許可が下りずに
何ヶ月も、もどかしい思いもしました。


(冬景色を見ると、いつも写真家星野道夫さんの作品を思い浮かべています。)


おもてなしすることって、
多分自分を見つけることだと思うのです。
その方を知って、学ばせてもらって、
話や経験を共有させてもらって、
そして自分が成長していくことだと思うのです。
お客様は神様なんて言葉があるけれど、
それは違うと思っています。
お客様も人間で、私も人間。
決してワガママを聞き入れることや、
無理をすることや、笑顔を作ることではなくて、
その人を大切に想うこと、
ただそんなシンプルなことが
何よりも人の心に響くのだと思うのです。
今日のこの気持ちを忘れずに、
また沢山の出会いを
少しずつ大切に積み重ねていきたいと思います。
それはフライトもCocoroもjubileeも同じ。
またホスピタリティ講座、復活したいな。
その時には沢山の空の話をしたいと思います。
素敵な言葉をくれた上司に感謝です。
そして、ゆるりゆるりと復活していくペースに
お付き合い下さるみなさん、本当にありがとう。

よし、ご褒美に欲しかった星野道夫さんの本を、
買っちゃおう!ワクワク!!ポチッ。


ランキングに参加中です。読んだしるしにクリックをお願いします。
クリックありがとうございます!


アロマボランティアCocoroのホームページ↓
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html



関連記事

| フライトのお話 | 11:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT