PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フライトアテンダントからアロマセラピストへ

よくお客様に聞かれ、ずっと書こうと思ってたこと。
どうしてフライトアテンダントからアロマセラピストになったのか。

in the sky

もともとアジア系の航空会社でフライトアテンダントとして働き、
その後欧州系の航空会社で同じくCAとして世界中を飛び回りました
旅した国は20カ国以上 出会ったお客様の数は数えきれません。

機内って本当に色んな事が起こるんですよ
特に欧州系の航空会社に移ってからは長距離路線がメインですから、
12時間の機内は毎回ドラマ、ハプニングの連続なんです。

機内での急病のお客様はもちろん、
うつ病、パニック発作、閉所恐怖症などのお客様の対応をしているうちに、
いつしか心の不調が体に及ぼす影響の大きさに驚き、
今以上にもっと私にできることがあるんじゃないかそう思ったのです。

もちろん自分にも役立つというのも大きいですが

イギリスでアロマセラピーは「ホリスティックセラピー」と呼ばれ、
心と体をホリスティック(総合的に)ケアすることで
美しく、健康に、少しずつ体調を整えるもの、そんな考え方で捉えられています。

アロマセラピストとなってからもフライトは続けていたので、
これが機内で本当に役立ち、
ますますセラピストとしての楽しさも醍醐味も味わいました。

精神的に不安定なお客様に時間の許す範囲でいつもしていたこと、
それはハンドマッサージ
時にはビジネスクラスのカモミールティーをお持ちして、
お話をしながら。
時には満席の真ん中席のお客様だったら
気分転換をしてもらおうと乗務員が働くキッチンの隅で
(ちなみに飛行機恐怖症の方は外の景色が見えない真ん中席がおすすめです。)

無機質な機内で人に触れられるっていうことが
これほど人の表情を和らげるのだろうか、いつもそんな風に思っていました。

よくハンドマッサージをしてる姿を見て、
こんなサービス見たことがない、とお手紙を頂くこともありました
驚くくらい心に残るサービスをしないとお客様は戻ってきてくれませんからね

the reason why

人を笑顔にする仕事
それがフライトアテンダントもセラピストも共通するところ。
そしてセラピストは人の内側もケアしていく、そこが大きな違いかもしれません。

人が好き
とことんそれに尽きると思います。
だからこそ、究極の満足度を追求したいと思うのです。

精神面の不調で胃が痛くなったり、うつになったり、
ただ心のこと、なんてあなどれないのです。 

アロマやハーブの自然の力を借りて
心も体も美しく健康になれれば素敵じゃないですか?

そんな夢を抱いてフライトアテンダントからセラピストへとなったのでした。

体に働きかけるアロマセラピーを、是非体感しにいらしてください。
おうちサロンならではのおもてなしと
香り高いオーガニックアロマオイルでお迎えします も待ってま~す!
関連記事

| フライトのお話 | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ステキなお話!

セラピストさんらしい、あたたかい日記に感動しました。

マッサージするCAさんなんて、セラピストさんぐらいでは・・・!?

ステキなお話、ありがとうございました☆

| io | 2010/03/29 08:55 | URL |

Re: ステキなお話!

>ioちゃん
多分機内っていう無機質な空間で人に触れられる、
その両方がすごく人に働きかけるんだろうねぇ♪
コメントありがと~う!

| Oslo* | 2010/03/29 11:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/144-540b8513

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT