PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イングリッシュローズ〝Mary Rose〟

母の日に配送先を間違え、一度自分に届いてしまったお花、
無事に主人の母に届き、お庭で元気に花を咲かせている写真を送ってもらいました。

贈ったのはグラハム トーマスと並び賞されるイングリッシュローズの代表的品種、
Mary Roseメアリーローズ。(Wife of Bath×The Miller)

Image594.jpg

以前英国に滞在していた頃、
一緒にローズガーデンに行った時にとても喜んでいた姿を思い出して、
今年はカーネーションではなく、イングリッシュローズにしました。

花つきがとてもよく、夏まではくり返し花を咲かせてくれるそうなので、
母の日を過ぎてもずっと楽しめるかなぁ!と。

まだまだつぼみもたくさんあるようなので、
これから夏にかけてお庭がローズガーデンとなっていくのが私も楽しみ。
植物に詳しい義母は、これから枝分けをして増やしていこうかな、なんて話していました。

イギリスは本当にばらの品種が多く、その美しさと香り高さは本当に素晴らしいんです。
ちょうどこれからの季節、ロンドンのRegents ParkにあるRose Gardenは
百種類近い品種のバラが咲き誇り、まるで夢の世界です。

rose2.jpg

私の通ったロンドンのアロマの学校(ITHMA)はここから歩いて数分。
クラスメイトとお昼休みにうろうろしながら、
課題をどうするだの、小論文をどうするだの、最初はそんな会話をしていても、
気付けばこのバラの香りと美しさに癒され、「さっ、ガンバロウ!」と思えたものです。

rose1.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回購入したお花屋さんはこちら。 イングリッシュローズだけで100種類以上の品揃え。
つぼみがたくさんあって、きれいなお花を贈ってもらえて満足です!



関連記事

| 英国アロマの学校ITHMAのお話 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/191-451fe8fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT