PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ローマンカモミールのお話

先日訪れたHortus Botanicus植物園で、カモミールが美しく咲き乱れていました。
カモミールってそれほど香りは放たないものの、
葉を少し手でこすってあげると、りんごのような甘い優しい香りがふんわり指から広がるんです。

今日はローマンカモミール(学名Chamaemelum nobile)のお話。

DSCF6282.jpg

あまり知られていないカモミールの活用法。
カモミールが睡眠を誘ってくれたり、胃腸の不調にいいのはよく知られていますが、
今日はヨーロッパらしい使い方をご紹介します。

乾燥させたローマンカモミールのハーブをお湯に浸して、
そのスチームを吸引するという使い方。
お庭でたくさん咲いたら、是非試してみてください。

リラックス効果があるのはもちろん、喘息や膿瘻、風邪のときに特におすすめです。

というのもカモミールには、Azulenアズレンという
抗炎症作用のある成分が含まれているので、
お湯に浸すことで成分をお湯に浸透させ、それを吸引することで効果を得るという方法。

アズレンはよくお薬にも含まれている成分で、まさにカモミールはナチュラルレメディ

ローマンカモミールはマイルドに体に働きかけるので、お子様やお年寄りにも安心して使えます。
ちなみにジャーマンカモミールは同じくアズレンが含まれていますが、
ローマンに比べるとかなり強力に働きかけるのが大きな違いです。

ただ香りがいいだけ、でなく、体に働きかけるアロマセラピー。
Jubileeでは鮮度や品質にこだわっている大きな理由です。

ちなみにアロマセラピーで頻繁に使われるカモミール2種類の違いは、
過去の記事を参照してくださいネ! 
→ ローマンカモミールとジャーマンカモミールの違い

さて、今日もテスト勉強頑張らねば~
関連記事

| カモミール ローマン&ジャーマン | 02:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/232-82ca5c99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT