PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香りの分析表

先週日曜日に行った
【ラベンダーヌーボー2010 香りのティスティング講座】
お越し下さった皆様、ありがとうございました!
皆さんの方が香りのエキスパートなのでは、と思うほど、
表現豊かに香りを楽しんで頂き、私自身勉強になりました。

実はこのラベンダーたちの成分分析表が昨日届きました
ここからまた少し個人的に分析したい点があるので、
今日は一日この作業に追われそうです。
分析はあくまで一つの視点からのアプローチ
何が何パーセントだからこう効く、と言えないのがまた奥深いところ。

何百種類と含まれている成分のうちの一部ですが、
それが香りに与える影響やそれによる香りの違いを自分の鼻を使って、もう少し知りたいと思うのです。

reliability.jpg

ところで、私はいつもサロンで精油を買うときのポイントを聞かれると、
いくつかポイントはお伝えしますが、ここで「鼻」で香りを覚えて
自分の鼻を頼りに精油を選んでくださいね、と言うのです。

「分析表がついている=安心」と思う方も多いかもしれませんが、
ついていなくても安心な精油もいっぱいあるんです

今講座で使っている今年8月に収穫されたラベンダーが分析機関で分析され、
セラピストの私の手元に届くのが10月の後半である今。
(私がお願いしたものですから、早急に手配して下さったアロマティークさんに感謝です!)

ということは・・・
市場に分析表付きで販売されるとしたらもう少し後に、なるでしょう。
さらにこの分析を毎回行うにはものすごい費用がかかるので、
大きなメーカーさんであれば、もちろん簡単にできることかもしれませんが、
小さな農家さんや小さなメーカーさんでは、それに費用をかけるなら、
少ない量を新鮮なうちに販売する方がいいんじゃないか、
そう思っても何ら不思議じゃないのです。

というわけでJubileeの講座では
新鮮過ぎて、まだ分析も終わっていない、
採れたて作りたてのラベンダーの香りを楽しんでいたのです
(来月もまた開催したいと思っているのでお楽しみに~!)

アロマオイルの成分表に私がこだわらなくなったフランスでの体験談を、また明日に・・・!
関連記事

| アロマなお話 | 13:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/287-bb3a99d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT