PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリス ペットと暮らす家探し.1

そろそろイギリスの家も決まっている予定・・・だったのですが! 決まりません~

というのもロンドンから少し離れた郊外に住む予定なので、
ワンルームマンションなんて便利なものもなく、
さらにペットOKの賃貸がなかなかないんです。

日本と違って、ロンドンではほとんどの家が築数十年~150年のレンガ造りの家。
昔イギリスで自宅サロンをしていた家も築100年のおうちでした。
地震がないのはもちろんのこと、
古い家に手を加えて住み続けるっていうことに価値があるとされるんです。
それはそれで好きだったのですが、まさかほとんどがペットNGとは・・・!
Furnished(家具付き)が一般的なので、家具にいたずらされたくないからなんでしょうが・・・

中にはNO PET / NO CHILDREN なんてところもあって・・・
ペットも子供もだめって誰が住むんだ・・・!って突っ込みたくなります(笑)

イギリス人の友人に話すと、やはり賃貸でペット可はかなり少ないらしく、ましてや田舎になればなるほど。
でも交渉次第ではOKになることもあるらしく、
こうなったらFace to Faceでトトの写真も持って、交渉しに行って来ます~!

というわけで、今月27日から1週間イギリスに行くことにしました。

こうやってすべての物事がスムーズにいかないあたりが、
イギリスらしく、ちょっと懐かしい気もしますが・・・。

日本で考えられないですが、家に住んでみてなんだか寒くて、
家具をどけたら壁に外につながる大きな穴があいてたなんて同僚もいました
自宅サロンをしていた家も当初、なんと冷蔵庫はあるけど、冷凍庫はなくて
(日本ではありえない・・・ 笑)
不動産屋さんに話すと、「冷凍食品は体に良くないし、なくても平気でしょ。」と。
そこは大家さんに直接交渉して新しい冷凍庫付き冷蔵庫を買ってもらいましたが、
やっぱり何かと想定外のことが起こりかねないので、足を運んできます!

いい家に巡り合いますように・・・。


※年数が経過し、渡英規定や条件なども、大幅に変わっています。
大切なペットたちのために安易にお返事はできないので、ご質問は各機関へ直接ご連絡くださいね。
関連記事

| ペットとイギリスへ | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT