PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

懐かしのロンドン自宅サロン

毎日家探しに車探し、用事ばかりでほとんど自由な時間はなかったのですが、
最終日にようやくロンドンまで行ってきました。
車で30分くらいなので、そんなに遠くなかったです。

今回、中古車を買ったのですが、日本で中古車を買うときは車庫証明?とか色々手続きがいるそうですが、
イギリスはクレジットカード一枚で「ちゃり~ん!まいどあり!」って感じで、
ものの数十分ほどで買えました。
もちろん試乗もしましたが、「信用してるから、ちゃんと帰って来てね!」の一言だけ。
信じられないほど適当ですが、とっても簡単に買えて助かりました。

2年半ぶりに行ってみたかった場所。
それは昔住んでいた自宅サロンを始めたおうち↓
「Jubilee」は幸せな季節、喜びの時間という意味があるのですが、
実はこの自宅サロンを始めたおうちがロンドンの地下鉄Jubilee線にあったことに由来しています。

古くからのお客様をずっと大切にしたい、懐かしく思ってもらいたい、
そして私自身が初心忘れることなく・・・という想いもあるのです。

そして今もこの時代からのお客様がいて下さることは、本当に夢のように嬉しいことです。
あぁ、この入口は懐かしいなぁ。

jubilee london

ロンドンにいた頃、最初は自宅サロンから始め、だんだんお客様が増えてきた後は、
自宅近くの場所を借りてサロンをしていました。
写真右の白い扉の奥が借りていたサロン↓ 
ただ!! ビックリ!! 隣にNEAL'S YARDさんが出来ているでは!!!
この時代じゃなくて、良かったわぁ~(笑)
ちなみにNEAL'S YARDさんのような大きなお店のアロマセラピーが一般的かというと、
イギリスでは私のように個人で活動するセラピストが星の数ほどいて、
私が借りたように小さなサロンの一部屋を借りて施術をしたり、自宅でしたりすることがほとんど。

私が今度住む町や隣町でもアロマサロンを発見しましたが、
小さな小さな看板でAromatherapyと書かれているだけ。
部屋は一体どこだかわからないくらい(笑)

なかなか大きなアロマセラピーの看板は目にすることはありませんし、
日本のような見るからにおしゃれなサロンやチェーン店って意外に少ないんです。

jubilee london2

近所のハイストリートもクリスマスのデコレーションがされていました。
何一つ変わらない景色。
今回イギリスに行って、不思議なことに「懐かしい」という感覚があまりなかったんです。
なんだか、普通。 いたって普通。 今からでも昔の家に住めそうな感じ。
それは何年たっても、何十年たっても、きっと百年たっても、
この街並みが変わらない、変えないからだと思います。
家の価値も年数が経てば経つほど、上がっていく、それは日本との大きな違いかもしれません。

stjohnswood1.jpg

唯一変っていたこと、それはこれ↓ レンタル自転車。
街の至る所に乗り捨てられるレンタル自転車スタンドができていました。
エコや渋滞緩和に役立てたいんでしょうね。

stjohnswood3.jpg

ついでに・・・結婚式をした教会にも行ってきました。
これまた何ら変わっていない。 
数年前にいた場所がこれほどまでに変わっていないことに今回本当に驚きました。

stjohnswood<br />2.jpg

どこもお店は平日18時まで。 土日はほとんどお休み。
そんなわけでこちらの用事がなかなか進まないわけです。
不便ですが、そんなスローライフが実は好きなのかもしれません。


stjohnswood4.jpg

関連記事

| サロンのお話 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/313-84416385

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT