PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネロリを香らせたくなる日

今日は来年都内で講座を開く場所探しに都内へ行ってきました。
私がよく行く大好きなカフェに伺いに行ったり、素敵なお店でお尋ねしてみたり。
そして、以前私が勤めたアロマの商品開発部の先輩とランチもしてきました

講座は内容を含めてまだ企画中なのですが、不定期に年に数回、
ホームケアやハーブティについてとか、イギリスのアロマのお話とか、
のんびりアロマの楽しさを知るきっかけになるような機会が作れればいいなぁと思っています。

資格を取って独立するような専門的なものは大きな学校さんにお任せして、
プロのセラピストから見たアロマの取り入れ方やホームケアのお話などを
イギリスで私が目にした仰天活用法も含めて、
純粋なアロマの楽しさを知ってもらえればいいなぁ、と。

そしてイギリスでの新メニューのアイディアに、
3件も素敵なサロンをはしごしちゃいました(笑)
(本当は1週間くらいかけて回りたかったのですが、家探しでぐずぐずしていて時間がなくなってしまいました・・・
他にも行きたかったサロンは泣く泣く断念。)


自分が受けてお客様の視点から物事を見ると、また新たな発見が合って、
本当に日本には素敵なアロマサロンがたくさんあり過ぎて、
こんな贅沢な国って他にないと思います。

さて、家に帰って、メールをあけるのが憂鬱なこの頃です。
そうです。 不動産からのメールが恐ろしいのです。 そして・・・

「でぇぇぇたぁぁぁ・・・」

やっぱり。 
今度はイギリスに住所がある人の連帯保証人が必要だと。
さすがに、連帯保証人を頼める人なんていません。 また決まりかけた家が・・・
そんな途方に暮れる私たちに、現地の知り合いが今度は弁護士さんに相談して下さり、
法的には「未成年の学生の場合のみ」必要で、
私たちには必要でないことが分かりました。

こうやって外国人はシステムが分からないので、苦労することがたくさんあります。
以前会社の先輩で、こんなイギリス生活を8年近く経て、
一念発起して行政書士さんになった吉田みゆきさんという先輩がいます。
ブログはこちら→行政書士 吉田美如の四方山話
日本で暮らす外国の方々が困ったとき、法律を知っていれば助けてあげられることがある、と。

今そんな先輩の優しさを身に染みて、そんな人がいたら頼りたいと心から思います。
現に始めてすぐにたくさんのクライアントさんができて、今、超多忙な生活をされるのも納得です。

不安と、この手のほどこしようのない状態に、今私はネロリを香らせています
ネロリは気分の浮き沈みが激しいときに安定させてくれるアロマオイル。
落ち込むときはベルガモット、この気持ちの定まらない微妙な感じにはネロリ
微妙な心の変化でアロマオイルによって働きかけるポイントも違うんです。
このあたりがハーブの歴史の長いイギリスの活用法などを学ぶと、
色んなアプローチがあって面白いところです。
この植物それぞれの特徴と心の状態を上手にマッチさせるために、
Jubileeでは何より最初の香りのコンサルティングの時間を大切にしています。

今日はネロリの甘く爽やかで優しい香りがすーっと心に染み入ります・・・。
そして、今日は赤のガムテープをはりきって運ぶトトにもまた癒されています!

toto_20101214234857.jpg
(放してっ! by 私。 やだ。 こんなんあったよ~ by toto)
関連記事

| ペットとイギリスへ | 23:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT