PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英国アロマの学校ITHMAの冬

今回、私が卒業したアロマの学校ITHMAにも寄りました。
Institute of Traditional Herbal Medicine and Aromatherapyの略です。
ここの雪景色は初めて。

ITHMA.jpg

東洋医学のアプローチをするアロマセラピーとして世界的にも数少ない学校で、
なんと卒業試験もすべて筆記試験。
アロマだけで3時間半の試験だったかなぁ。 さらに三択問題は一切なし・・・!
解剖生理学は2時間くらいの試験。

「この症状にはこのアロマオイル!」といった答えがあるのではなく、
一人ひとりの体質、生活習慣、ストレスなど総合的に考え、
ブレンドやアロマオイルを導き出していく考え方を教えてくれます。

とにかく小論文の提出が多く、授業外も大変ですが、
卒業すれば独立する人が多いのも納得です。

カウンセラーの先生が来て、カウンセリングスキルの授業とか、
精油にまつわる化学、解剖生理学、マッサージ、とにかく様々なことを学びます。
やりがいはめちゃくちゃあって、充実しています。

校門を出ると広がるのは、大きな大きな敷地。
ここはロンドンのRegent's Parkという公園内に学校はあります。
夏は青々とした芝生が生い茂り、ランチタイムの絶好のひなたぼっこスポットです。

Regents Park1

それにしても真っ白になったRegent's Parkは、初めて見ました。
ロンドンは暖流の影響もあって、寒いと言えども、雪が降ることはそうそう昔はありませんでした。
寒くて、人っ子ひとりいない公園。
ただただこのどこまでも続く街路樹と雪景色の美しさに見とれてしまいます。

Regents Park2

学ぶ環境って、とても大切だと思います。
私は時々自分の癒しの時間を持って、自分を保つ人なので、
こういう環境って大好きです。 都会派にはつまんないかも・・・!

ロンドンの雑踏から離れ、自然の中で学ぶアロマセラピー
勉強は大変でしたが、自分の日々の生活に役立つものを学ぶって、すごく楽しかったです。
そしてイギリスのみならずEU諸国はじめ、様々な国の生徒がいるのも魅力。
私のときは、アメリカ・ポーランド・オーストリア・フランス・
ウェールズ地方・スコットランド地方・マレーシア・日本と国際色豊かでした。

ちなみにITHMAからはVISAは出してくれないので、イギリス在住か、イギリス労働ビザ、
もしくは学生ビザを他の学校でもらって通う、ワーキングホリデーで休みをうまく合わせて通う、
なんて方法があるかと思います。
年間スケジュールは常に出ているので、そこはありがたいところ。

ITHMAのホームページはこちら↓
http://www.aromatherapy-studies.com/index.html
関連記事

| 英国アロマの学校ITHMAのお話 | 22:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/08/09 16:27 | |

Re: はじめまして

> ゆみーごさま
初めまして。ブログをご覧下さり、ありがとうございます♪
ご参考になるかわかりませんが、
イギリスのビザについては英国大使館ビザセンターで教えて頂けるかと思います。
就職については、直接企業に問い合わせる方法かと思います。
英文履歴書やカバーレターを人事部に送付する方法もあるかと思います。
納得する形に巡り合えることを祈っています!!

| Takiko | 2011/08/14 02:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/320-23317228

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT