PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボイラーの故障

イギリスに来てからというもの、日本ではありえないことが日々起こっています。
初めて住むわけではないので、こういう暮らしに慣れているといえば慣れているのですが・・・。

life with flowers

2日前、なんと家のお湯のタンク(ボイラー)が動かなくなった・・・!!
そう、お湯が全く使えなくなったのです。 
またまた不動産に連絡しても、すぐに行動をしてもらえなかったのですが、
「この季節に水でシャワーをするのはどう考えても無理だから、なんとかしてください・・・(涙)!」
と嘆願し、プラマー(配管工)に来てもらった。
こういう交渉の繰り返しで、海外に住むと英語が上達するわけです。 嬉しくないけど・・・!

すると、2か月前に修理したばかりだそうだが、
その時の配線がきちんとできていなかったらしく、配線の一部が溶けている、と。
完全に故障。 メーカーから部品を取り寄せないと直らないことになった。
何週間たつかの目途も立たない。。。

ネットで「イギリス ボイラー 故障」と調べてみると、出てくる、出てくる。
とにかくしょっちゅう壊れるらしく、ボイラー保険まであるのだそう。
すぐにプラマーさん(配管工)に来てもらえたのは、ラッキーなくらいみたい。

ちなみに先日爆発して耐熱ガラスが割れたオーブンは、耐熱ガラスだけ交換することになった・・・。
物を修理して、修理して、大事にするのはすごいけど、
日本人の感覚だと新しいオーブンにしてもらいたいところ。 郷に入れば郷に従え、ですね。

とりあえず一日目はタオルで体を拭くしかできない。
そして二日目。 今度はケトル(電気ポット)とお鍋4つでお湯を沸かして、
お風呂にしてみようと思ったけど、気温が0度近いから、どんどん冷えていって全然ダメ。

hot water

さすがに二日もお風呂に入れないのはつらい。 
考えたあげく、思いついたのがジム! ジムにシャワーがあるはず!!
近くにあったのは市営のジムが1件だけ。
電話してみると、
「シャワーだけ使いに来る人、いっぱいいるよ。工事現場のおじさんとかね。」と。
なんでもいいから、シャワーが使えるなんてパラダイスでしょ~!!
と夫と近くのジムまで車を走らせた。

受付の人に事情を話すと、『内緒だよ、タダで使っていいよ。』と。
なんて優しいんだぁ~

そんな喜んだのもつかの間。 かろうじて清潔といえる程度のシャワールーム。
シャワーは30個くらいあるのですが、この季節、誰も使っていない。
お湯をひねると水・・・! 
しばらく待ってようやくお湯になったのですが、ちょろちょろちょろちょろ・・・ 
涙のような水圧に、暖房もほとんどついていない部屋は極寒。

一人淋しく震えながら、日本のぽかぽかあったかい湯船を想像してみる。。。
さすがに「こんなひもじい思いはしたことがないなぁ」と思うと、笑えてきた。
でも、シャンプーできるから、いっかぁ。

日本のお風呂屋さんとか、スーパー銭湯、家のお風呂、ジムにある綺麗なシャワールーム。
それって、日本にしかない独特な文化だなぁ。と。

明日から私は一度仕事のために、2泊だけ日本に帰ります。
夫には悪いけど、日本でお風呂に入れるのが楽しみで仕方ない。 海外生活って面白すぎる。
関連記事

| 海外のお話 | 13:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まあぁ~大変!!!

こんにちは。
イギリスでの生活も無事始められて何よりです。

海外暮らしでの信じられないハプニング集なんて出来そうですね。ウゥ~ン、分かる、分かる、と頷きながら、楽しく拝見させていただいていますが、当事者にとっては、まさに地獄そのもの、ですね。
 
私もありますよ~。香港で、早朝に爆発音で起こされたら、冷蔵庫が爆発して火が噴いていた・・・とか、暖房が、極寒日に限って故障し、家中の暖房から給油システムまで数日にわたり稼働せず、ということが、度々。
こちらは、会社に行けばシャワー室があるので、難はしのげますが・・・。ご主人が大変ですね。もしかすると、公共のシャワールームか公共のお風呂屋さんが、どこかにあるかもしれませんね。
パリには、まだお風呂のない所も沢山あるので、お風呂屋さんがまだどこかにあったりするのです。

もしかしたら・・・、イギリスの妖精たちが面白がって悪戯しているのかも・・・。フラワーエッセンスでスプレーを作るのもいいかもしれませんね。

めげずに楽しみながら乗り越えてください。

| パリのマカロン | 2011/01/20 19:27 | URL |

Re: まあぁ~大変!!!

> パリのマカロンさんへ
こんにちは。 なんて綺麗な表現なのでしょう! 
「イギリスの妖精たちが悪戯している」だなんて。
思わず天井を見渡してしまいました^^ きっと今頃クスクス笑われているかもしれません。
マカロンさんの経験、凄すぎて、何度か読み直してしまいました。 火が噴いている!だなんて。
今や何もかも便利で高性能な日本の生活を考えると、
こうして一つ一つのことに感謝するようになれるのは、海外のいいところなのかもしれませんね。
この特別な経験!も楽しみながら、乗り越えていこうと思います!!!
コメント嬉しいです。 ありがとうございます^^

| Takiko | 2011/01/24 20:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/341-7928b138

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT