PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トトをたずねて三千里

一泊だけイギリスに来ています!
やっぱり家族離れて暮らすのは、淋しいものです。
ペットは家族とよく言いますが、
トトと離れて暮らすのは、幼い息子を置いて行くみたいで…

日本の家を出発して、ヨーロッパを経由して、
イギリスの家に着くまでdoor to doorで24時間。

空港で狂喜乱舞するトトを見るのが楽しみで、楽しみで。

家に戻ると、夫の学校の先輩に譲って頂いた家具が揃っていました。
地面の生活、スーツケースの机生活も終わりました!
また私たちが帰国の際、どなたかに使ってもらえるよう、
大切に使わせてもらわなきゃ。



そういえば、夫のクラスメイトのイギリス人の弁護士のお友達に
ボイラーのことや、オーブンのこと、不動産のことを相談してみたのだそう。
すると、新しい家を探し始めるからとメールしてみて、一ヶ月してもだめなら、引越した方がいいと。
そのくらい言わないと一年経っても直らないよ、と。
アメリカ人のクラスメイトは、「私なら家賃払わないわ!」と。
国によって考え方が違って面白いものです。

そして、イギリス人のお友達のアドバイスを参考にメールをすると、
物凄いスピードで返事が来て、早急に対応すると言うではありませんか…

やはり現地のアドバイスは頼りになります。
日本人の感覚だと、なかなか思いつかないですが、
色んなトラブルを通じて困ることより、学ぶことの方が大きいと気付く最近です。

あぁ、こんなトトの姿を見てると、もう少しいたいなぁ。。とつくづく。
でも、働く母ちゃん頑張るぞー!



(iphoneより送信)
関連記事

| 海外のお話 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/354-f64ae3ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT