PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリス 春の花たち

ここ数日、イギリスは春の陽気を感じるほど暖かく真っ青な青空が続いています。
寒くて日が短く暗い冬の後だからこそ、より一層その美しさに心が弾むのかもしれません。
イギリス人たちはもう半袖です!

朝夕は3℃前後と冷え込むものの、日中は20℃近く上がる日もあり、
植物たちも一斉に花を開かせ、街が色とりどりの花に溢れています。

我が家の向かいの家の桜も、一足先に満開です!
これを見て「春の訪れ」を感じるのは日本人ならではですが、
イギリスでも桜はよく見かけます。
茶色いレンガ造りの家と桜の淡いピンク色がなんともマッチしていて、とても美しいです。

sakura.jpg

お庭の木も一斉に芽吹きました。
長い冬を越した青々としたその新芽の美しさを見ると、こちらも元気が出る気がします。

shinme.jpg

そして、近所の散歩道には水仙が咲き乱れています。
香りチェック中のトトくん。
この時期は植物が一斉に香り始めるので、トトも〝気になるスポット〟が増えて、
お散歩の時間もちょっぴり長め。

suisenn.jpg

イギリスの運転もずいぶん慣れて、夫の大学までも運転できるようになりました。
写真の奥に写るのは大学の図書館。

library.jpg

この辺りは、ブルーベルがずいぶん咲き始めています。
青い釣鐘状の可愛らしい花を咲かせるブルーベル。
あと数週間で、一面このブルーベルが絨毯のように咲き乱れるそうです。

bluebell flower

暗く長い冬の後には、必ず美しい春が訪れます。
これから日本がどれほど長い期間、困難とたくさんの悲しみに暮れる日が続くことでしょう。
ですが、必ず美しいものを見て、美しいと思える日が来ること、春は必ずまたやってきます。

見上げる同じ空の下で今も苦しい生活を続ける方々の事を想うだけで、
胸が締め付けられる思いです。
今、海外にいる多くの日本人も同じように空を見上げ、
同じような想いをする人も多いでしょう。
長く暗い冬を越えて美しく力強く咲く花のように、
世界が讃える日本の強い精神力で、少しずつ復興へ進めますように・・・。
関連記事

| 海外のお話 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/386-8799bbad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT