PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NYC9・11とアロマセラピスト

ニューヨークの同時多発テロが起こった時、
被災地で警察官や消防士にマッサージのボランティアを行った
イギリス人アロマセラピストたちがいたのをご存知でしょうか?

第一線で救命活動に尽力し、世間からHEROヒーローと言われた彼らの心のケア、
疲れを癒すために、メディカルチームと共に活躍したアロマセラピストたちがいました。

今から7、8年前、まだセラピストになる前に知った私には、とても衝撃でした。

「アロマってそんな時に使うの?」と。

まだまだ日本でアロマセラピーという言葉が、
なんとなくおしゃれな流行のものに聞こえていた、
高級ホテルのスパで受ける、そんなイメージが大きかった頃の話です。

実は今回の活動にあたって、当時イギリスからニューヨークへ足を運び、
発起人となったセラピストとコンタクトできることになりました。

何度かメールのやり取りを繰り返し、
今日電話で今後の事について色々とアドバイスをもらいました。

単にこの活動が、みんなで助けましょう、行きましょう、というのではなく、
アロマセラピーを使ったボランティアという形が、
どのようにして現地にとってベストの形となるのか、
それに悩む私への道標をくれました。

1時間もの時間を使って、本当に色々なことを相談しました。
当時の様子、活動時間、施術後の変化、自身のケア、
オイルの濃度のこと、種類のこと、施術時間のこと、またボランティアを募ることについて・・・
セラピスト同士なので、話はどんどん深くなっていき、本当に役立つ情報を沢山もらい、
色んな意味で助けてもらいました。

人脈の大切さを心から痛感。 本当にありがたく、心強いです。

貴重なオーガニックの高品質のオイルを提供して下さる企業の想い、
またボランティアに参加したいと賛同して下さる方々の一つの「道」を作り、
細く長く必要な形での支援ができるように努力したいと思います。

明日日本へ到着後、いよいよ金曜日、現地に入ります。
自身のボランティア保険にも加入も済み、荷造りも準備済み。
あとは彼女のアドバイスを元にオイルの調合、濃度を再検討して、
オイルの準備だけ、もう一度やり直しです。
関連記事

| 震災ボランティア | 04:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/398-e0a69b07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT