PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オランダ・キューケンホフ公園

イギリスから飛行機で45分。
3年ぶりにオランダのキューケンホフへチューリップを見に行きました。
ちょうど先月半ばかな? 写真の整理が遅くて、ようやく更新です。

7万株植えてあるというチューリップの見応えは圧巻です。
ここの公園が大好きでこれで3回目。
いつも早すぎたり、遅すぎたり、雨だったり・・・。
今回初めて青空の下のチューリップが見れました。

tulip_20110504135256.jpg

これは上下を逆さにしたような、提燈のような形のチューリップ。
珍しくて、家に帰って気付いたら、この写真ばっかりでした・・・!(笑)

up side down

この公園、わんこもOKなんです。
車でトトも連れて来れば良かったなぁ・・・。

with dog

品種改良を重ね、珍しいチューリップの球根は家一件と売買されていた時代もあるそうです。
もちろん、むかーし、むかーし。

tulip1.jpg

この何とも言えないチューリップの色と形の可愛らしさに魅了された
当時の世界の人々を思うと、美しいものが心に与える影響はとても大きいことが想像できますね~

tulip2.jpg

本来あまり香りのしないチューリップも、実は香りを放つ瞬間があります。
それはつぼみが咲くか咲かないか、今にも咲きそう、そんな時に香りを放ちます。
そんな一瞬しか香りを放たないなんて、儚いなぁ~。

tulip3_20110504135350.jpg

公園にはいたるところにヒヤシンスが植えられてあって、
公園中の香りはヒヤシンスの甘い香りが漂っています。

DSC01649.jpg

何より驚くのはこのチューリップたちの大きさ。
人の足の付け根くらいまであるんです。
軽く50~70cm、特に温室の中の大きいものは1m近い。
ここにいると違和感なく見ていますが、チューリップってこんな大きかったっけ?

tulip3.jpg

三度目にしてようやく満開のチューリップ畑に出会いました。
まるで絵具で虹を描いた地上絵のようなこの光景。
3月の末から5月の上旬まで1年のうちに6週間しか開園しないので、
年によって、早く咲いた年は収穫がされてしまい、
これだけ沢山の種類の色を眺められるのは初めて。 感激です。
公園の端にある風車の上が展望台になっています。

farm.jpg
関連記事

| 海外のお話 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/402-d77934e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT