PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

救急救命講座

日本、蒸し暑いですねぇ~!!! 
ふと。 日本のこの梅雨の季節、独特の香りってあるなぁ、と。
今まで香らなかったものが、湿気によって、一気に空気中にじわぁ~っと染み込んだような香り。
この雨の日の香りって混沌としていて結構スキなのです。

この週末は、アロマセラピストとしての資格を保持するのに必要な
救急救命の講座を受けてきました。
会場へ向かう途中の紫陽花。 と~っても綺麗です。

写真

日本では、特に「アロマセラピスト」に対する規定がないので、
独学で勉強してアロマセラピストと言うのも自由。
ただイギリスや日本の大きな団体に属するアロマセラピストであるためには
解剖生理学の勉強をしたり、救急救命の講座は○年に一度受けないといけない、
年間○時間以上新しい知識・技術を学ぶ、など色々な規定があるのです。
人の体に触れる仕事なので、私はこういのを勉強するのはとっても役立つと思っています。
資格をきちんと取るか悩む・・・という声もよく聞きますが、
自分や家族にも役立つ知識、と思えば、全然損はしないと思いますよ!

ちなみに心肺蘇生法などは今肋骨骨折中なので、免除にしてもらえました。
航空会社でこれまで何十回とやってきていたことを考慮してもらえたのです。 良かった。

とにかく長距離の飛行機の中は、色んな事が起こりますからね。
日本線ではないものの、妊娠を隠して母国で産もうとして機内で出産なんてケースもあったり・・・。

ただ、少し話は脱線しますが、応急手当で文化の違いを感じることがあります。
それは今働いている国の方々、なぜか飛行機酔いにコーラがいいって思っているんです。
いや、子供の頃からそれで治ったと言い張るので、効くのかもしれませんが・・・。
倒れて気分が悪い日本人のお客様に猛ダッシュでコーラを持ってきて、
「Takikoこれ!!」って頼もしく渡してくれるのです。

もぉ~、最初は目が点でした。
しかも、「あぁ~コーラがあって良かった、良かった。」という勢いなんです。
今は文化の違いと理解しているので、
「ありがとう」と言ってこっそりエプロンのポケットに隠しますが、 
きっと私たち日本人が「効く!」と思っている民間療法や知恵も
畑が変われば不思議に見えたりするのかもしれないですね。

それにしても、飛行機酔いにコーラは・・・・。
関連記事

| サロンのお話 | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/tb.php/433-4d1d73af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT