PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛犬とのイギリス帰国日記2 イギリス~フランス

いよいよトトを連れての帰国です。 昨日一日の暗雲は晴れ、家族全員、元気にイギリスを出発しました。
私たちが目指すのは関西空港。
イギリス⇔関空間は直行便がないのと、
イギリス発の飛行機はペット機内持ち込み不可なので、
今回はオランダ経由の帰国ルートにしました。

イギリスからオランダへは車で
イギリス→(フェリー)→フランス→ベルギー→オランダのルート。
東京?大阪間くらいの移動時間かな。
まずは我が家から車で数時間、南部にあるドーバーに辿り着きました。
白亜の壁が美しく、かもめが飛び交い、港町の潮の香りがし始めます。

11.jpg

ドライブスルーでイギリス出国とフランス入国のスタンプを押してもらい、
次なるドライブスルーはフェリーへのチェックイン。

12.jpg

ここでトトのマイクロチップの検査や書類のチェック、
EU間の移動に必要なペットパスポートのチェックがあるので、
トトも準備OKにしていたら・・・

13.jpg

ノーチェック!!! ゆる~い!!! ペットいることを示す車にかけるタグをもらっただけで、
書類もペットパスポートもなーんにも見ないでOKでした。
楽なら楽でありがたい話です。
フェリー乗り込みまでの間、車でぼーっと待機。 
トトは退屈してずっと外を眺めてました。 もちろん散歩しててもOK。

14.jpg

イギリスからフランスへはフェリーでたったの1時間。 この間だけトトは車内で待機。
人間だけデッキでのんびり過ごします。

15.jpg

あっという間にフランスのCALAIS(カレー)という港町に到着。
順調、順調~。 ここからは3時間ほどでオランダに到着します。 続きは次回に・・・。

16.jpg


※年数が経過し、渡英規定や条件なども、大幅に変わっています。
大切なペットたちのために安易にお返事はできないので、ご質問は各機関へ直接ご連絡くださいね。

関連記事

| ペットとイギリスへ | 08:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT